ネジ一本がDIYの良し悪しを決める?部品選びには細心の注意を払おう!

ネジが釘やビスなどの結合用部品と異なる点

木材や金具などを固定させる場合、特に日曜大工では手持ちの部品をそのまま使ってしまうことがあります。金づちで打ち込んで固定させる作業が同じなため、ネジを釘やビスと一緒くたに扱ってしまうケースも少なくありません。しかし、結合や固定を目的とした部品であってもネジは他の部品とは大きく異なるポイントがあります。ネジは固定よりも結合を重視した部品なので、捻じ込むだけではなく取り外しが出来ることを前提とするのが正しい使い方です。釘やビスはあくまで固定のみを目的として使うので、ネジのように取り外す用途も含めた物品の結合には不向きです。ビスは形状がネジと似ていますが、釘の欠点である引っ張りへの弱さを改善させた部品なのでネジと同じ目的で使うことは出来ません。

ネジの性質を活かした使い方について

ネジは着脱を前提とした結合用の部品ですが、物品の位置を安定させるためには釘やビスと同等の結合力を保つ必要があります。物品の重量や材質を考慮し、長さや太さが最適なネジを選ぶことが大切です。ネジは力任せに締め付けると頭の部分が潰れたり物品の内部で折れてしまうことがあります。破損したネジは専用の工具を使っても綺麗に取り除くのは困難なので、状態を良好に保ちながら丁寧に扱うことが大切です。特にネジの材質については使用環境に適した物を選ぶのが劣化を防ぐ重要なポイントなので、手持ちの部品で済ませるのではなく、必ず最適なネジを使うのが後のトラブルを避けるための心得です。

ねじの販売を専門的なサイトを見てみると、一般的なプラス型やマイナス型だけでなく四角型をしたネジ山の商品などを見かけます。いたずら防止用の特殊なねじの取り扱いもあります。