さまざまな人間ドラマが!工事現場の知られざる現実

最新のテクノロジーが大活躍

工事といえば、多くの人が働く光景が容易に想像できるのではないでしょうか。重たいモノを運んだり、高い所での作業をしたりなどと危険と隣り合わせな状況であることも少なくありません。工事現場で良く見かけるものといえば、ヘルメットが挙げられます。大事な頭を守ってくれることを考えれば、極めてその重要性がわかります。工事を着実に進めるためには、当然ながら作業員の働きと最新のテクノロジーが求められることになるでしょう。工期が遅れることになれば、現場を取り仕切る監督の責任問題にもなりかねません。現場の図面や日程表などに何度も目を配る監督の姿も工事現場のお馴染みの風景です。工事現場で大きな声を出して張り切るのは監督以外にもいます。親方や職長と呼ばれる人も必死になって仕事を進めます。時には愛情のあまりに後輩たちに叱咤激励をすることも。

まだまだ女性は少数派?

工事と一口にいっても、その種類は多岐にわたります。建設工事や道路工事、掘削工事などと現場によって求められるものはさまざまです。工事に共通しているのは、男性が大多数を占めるということではないでしょうか。女性が全くいないわけではありませんが、その数は極めて限定的です。力仕事が多いことなどが理由ですが、男の仕事というイメージが定着しているのも事実といえるでしょう。夏場のカンカン照りもさることながら、凍りつくような冬の寒さも工事現場の過酷さであり、同時にやりがいといえるかもしれません。

自動車の中古車販売店が利用するオークションのように、中古の建機のオークションがおこなわれています。オークションへの参加は登録制で、海外からもバイヤーが訪れます。