皆で楽しめる宴会を!幹事が押さえておきたい心遣いのポイントとは?!

事前の準備をしっかりしておこう!

宴会が楽しい物になるかどうかは感じの下準備と心遣いにかかっていると言っても過言ではありません。幹事を任されたので宴会場だけ押さえておきました、と言うだけでは参加者全員が楽しめる宴会になるか怪しい物です。まず幹事を任された場合は、宴会場を押さえる前に参加者の料理の好みやアレルギーなどで食べられない物が無いかなどを確認するようにしましょう。宴会の最大の楽しみである料理の内容が参加者にとって好みの物でない場合、それだけでがっかりしてしまう人もいるからです。次に参加者の年齢層や役職・地位に合わせて、宴会場の候補を決めておきましょう。若い新入社員にお酒を飲ませてあげることが目的の宴会の場合であれば、多少大きな声で騒いでも問題ない大衆居酒屋でも問題ないでしょう。しかし、自分よりも目上の人ばかりが参加する場合や、宴会中でも人に聞かれたくない仕事の話が出る可能性がある場合は、ゆっくりと個室で落ち着けるようなお店を選ぶと良いでしょう。

宴会終了後のことも考えておこう!

事前の準備がしっかりしていたおかげで宴会が成功した場合でも、幹事は最後まで気を抜いては行けません。中には一時会終了後の二次会を楽しみにしている参加者もいる可能性もあります。その様な人たちが速やかに二軒目のお店に移動できるように、二次会のお店もいくつかピックアップしておくと良いでしょう。また一時会が終わってすぐ帰る人のために、できるだけ駅から近いお店を押さえておけば喜ばれるはずです。

大阪の宴会場を探すならば、シーンによって行き先を選びましょう。同僚との飲み会の場合、本場の串揚げを堪能できる店がお財布に優しく人気です。取引先を接待する場合は、個室がある懐石料理の店が喜ばれます。