CADでできる事って何?資格ってあるの?

CADって何ができるの?

パソコンによる設計・製図を行うソフトの事をCADといいますが、ソフトの利用範囲は多岐にわたっています。家を作るばかりでなく、配線や配管、自動車や洋服、最近では3Dまで、多岐にわたって利用しているソフトです。

ソフトの価格はフリーから高額な物まで多岐にわたり、利用する種類によって大きく異なる為、利用するポイントを確認して手に入れることが重要となります。設計を最初にする人が使用する場合も多いですが、設計は別の人が行い、CADオペレーターと呼ばれる人がサポートする場合も多いのが特徴です。

CADを導入すると何かいいことある?

会社でCADを導入することで、例えば家の設計を行う時、施主との話し合いで変更箇所が生じた場合に、書き直す時間を大きく短縮できるようになりました。CADソフトで一括で書き直せる為、効率よく施主の希望に沿うことができ、話し合いをスムーズに済ませられるのがメリットです。

手書きで描いた平面上の図面をCADに通すことによって、立体的な3D化できるところも、CADの大きなメリットといえるでしょう。このため、洋服や家の設計だけでなく、自動車の設計にも使われ、より作業がスムーズに効率化できるようになりました。

誰でもCADの資格は取れるの?

資格を取るのに年齢や制限はない為、誰でも資格を取ることが可能です。単純に勉強したいと考えているなら、本やインターネットの動画サイトで関連した動画を見る事で、使えるようになるでしょう。

ただし資格を取得したいと考えるなら、通信講座やスクールに通う事が一番の近道といわれています。資格は複数存在しており、どの資格を取るのかによって通うスクールや通信講座は大きく変わる為、事前に調べてから申し込みましょう。

水道CADには、上下水道工事に関わる配管図面をパソコン上でおこなうばかりでなく、クライアントや自治体への設計書類や申請書類などの作成にも役立ちます。計算や専用記号の記載も簡単におこなうことができます。